ここから本文です

放課後プリンセス、戴冠式9人体制に 初Zeppで新たなページ開く/ライブレポート

MusicVoice 9/23(金) 20:09配信

 “16時を境にプリンセスに変身する”を掲げ活動する9人組アイドルグループの放課後プリンセスが22日、東京・Zepp DiverCityで、グループ初となるZepp公演『放課後プリンセスライブ2016 “PRINCESS STORY”』を開催した。この日は、昼「~Twinkle~」と夜「~Miracle~」の昼夜2公演が催され、夜公演では、先月に正規メンバーへ昇格した長澤茉里奈、関根ささら、小島まゆみの戴冠式もとりおこなわれた。新生・放課後プリンセスとしては10月12日に4thシングル「秘密のティアラとジェラート」をリリースすることが決まっている。この日も同曲など全19曲を披露した。このうち、夜公演の模様を以下にレポートする。

【写真】戴冠式のようす

■放プリユース4人でのラスト

 華やかなSEが響き渡り、白雪姫の衣装を身にまとい登場した9人。ファーストシングルでもある「消えて、白雪姫」からこの日の物語は幕を開けた。美しい白雪姫たちが透き通る歌声を放っていく。 2曲目は、夏の夜が麗しく表現されている「真夏の夜の夢」。フロア全体を熱気に満ち溢れさせていく。MCでは、メンバー紹介がおこなわれ、盛大なファンの歓声が沸いた。

 セカンドシングルでもあり、マリー・アントワネットをテーマに掲げた「純白アントワネット』では、儚げなサウンドと共に甘い彼女たちの歌声が可愛らしく響き渡った。「Dream Door」では、夢へ向かう人の背中を押す歌詞に勇気づけられ、明るくポップなフリに合わせ体を動かしまくるオーディエンスの姿が見られた。

 その後、ステージの大きなスクリーンに、放課後プリンセスのメンバー紹介の映像が一人ひとり流れ出す。映像が終わると、黒色の衣装にチェンジしたメンバーが、セクシーなダンスパフォーマンスを披露。そのまま「いと4くてBALOON」へと続き、彼女たちは華麗に舞い踊っていた。

 放課後プリンセスになる為には候補生見習いから候補生、正規メンバーへと活動が評価されて昇格していく必要がある。正式昇格した、長澤茉里奈、関根ささら、小島まゆみは以前まで、候補生見習いの放プリユースに所属していた。現在は、堀井仁菜ただ一人が放プリユースにおり、今回は特別にその4人で「Smile×3~笑顔ずっと咲いたままで~」を披露した。

 放プリユース4人でのライブは、気合い入れのために「小籠包!!」と観客と一緒に掛け声。4人で歌うのがこの日がラストということもあり、白いワンピースをひらひらと揺らしながら、心を込めて歌いあげる姿にオーディエンスも心を打たれているようだった。。

 「まゆみんお誕生日おめでとう!!!」という言葉のあとに続いたのは「超HAPPY BIRTHDAY」。9月26日に誕生日を迎える小島まゆみがカラフルな照明を浴び、センターへ。愛らしくはしゃいだ。

 「My love songは舞花のソロステージで、切ない絶妙なバラードを歌唱、オーディエンスはその姿に目を奪われた。

 ここでステージ上にある大きなスクリーンに「消えて、白雪姫」「純白アントワネット」「青春マーメイド」「秘密のジェラート」の歴代シングルのミュージックビデオ(MV)集が流れる。

■繊細で品があるしなやかなバレエダンス

 そして、レトロポップなメンバーカラ―のスカート衣装に着替えたメンバーは、「バカだね』』を歌い上げた。<バカだね~♪バカだね~♪>というフレーズが耳に残るぐらい中毒性のあるこの楽曲。。続けて、手をひらひらと揺らし、キャッチ―なメロディーが鳴り響いたのは「制服シンデレラ」。キラキラと光り輝く彼女たちのステージは、まるで煌き溢れるシンデレラの舞踏会のようだ。

 MCで、昇格したメンバーの関根ささらは「いと4くてBALOON」のダンスを嬉しそうに笑顔で披露していたのが印象的だった。

 後半戦に突入し、10月12日にリリースする4thシングルから「秘密のティアラとジェラート」を披露。繊細で品があるしなやかなバレエダンスを軽やかにみせた。

 続く「キミペディア」では、“キミの年齢”、“キミの星座”などと言った愛するキミのことを全部知りたいという乙女心がふんだんに詰め込まれている楽曲であり、ファンに歌い捧げる愛のメロディーでもある。情感込めて歌うその姿にオーディエンスもしっかり聴き酔いしれた。

 ステージ上のスクリーンには次に披露される、「イチゴいちえ」の振付けレクチャーの動画が映し出された。この日から振付けがリニューアルされるようで、ペンライトを使いながらぐるぐると回すフリを放課後プリンセスが一つひとつ教えてくれる。レクチャーが終わると、「イチゴいちえ」へと繋ぎ、掛け声の「ハイ!ハイ!ハイ!」や「ヘイ!ヘイ!」などと言った大きな声が観客から湧いていた。

 「古事記!古事記!日本書紀!」と盛大なコールが響いたのは、「古事記しか!」で歴史の世界観を一気に晒しだす。

 終盤戦へと差し掛かり続けたのは、<ぎゅってしたい!!>というフレーズに“キュン死”してしまう「私の右手 あなたの左手~ぎゅってしたい~」。で、そして、ラストナンバーは「ジュリエット ~君を好きな1000の理由」。<キミの声が好き~♪>に合わせて腕を動かすフリを沢山のファンと一緒にやり遂げ、会場は放課後プリンセスとファンとの愛の結晶が見られた。

■新チーム編成も

 本編が終わるも、フロアからは手拍子と共にアンコールの声が止まらない。すると、ステージ上のスクリーンには時計の秒針が動く映像が流れ、鐘が鳴り響いた。

 そして、重大発表が…。放課後プリンセスメンバーの個々のスキルを考えたチーム分けが発表され、TwinkleとMiracleの2チームが作られることが明かされた。

 Twinkleには、小田桐奈々、舞花、木月沙織、山口みらん、関根ささら。Miracleには、長澤茉里奈、小島まゆみ、城崎ひまり、道重佐保、堀井仁菜というチーム分け。また、東名阪ツアーが決定したこともここで発表。

 アンコールは、サードシングルの「青春マーメイド」から幕を開け、青光る照明ともに海の中を泳ぐマーメイドたちが伸びやかに旋律を歌った。

 次は、4thシングル秘密のティアラとジェラートのカップリング曲でもある「FORZA!OLE!」へ。この曲は放課後プリンセスのサッカー委員長でもある山口みらんがメインボーカルをとる応援歌。ポップテイストなメロディーに<OLE!OLE!>の歌詞をファンと共に歌い、パワフルな盛り上がりを見せつけた。

 そして、ラストを飾ったのは、「ガチOnly you」。銀テープが空から舞い散っていく中、最後の最後まで満面な笑顔を花咲かせながら全力でダンスパフォーマンスをみせた。新体制9人の彼女たちが描く新たな物語のページはこの日、開かれた。(取材・橋本美波)

最終更新:9/23(金) 20:09

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]