ここから本文です

「大迫はレヴァンドフスキっぽい」 “10番も9番もデキる”ケルンFWに独メディアも惚れ込む!

theWORLD(ザ・ワールド) 9/23(金) 12:30配信

ドイツでさらなる躍進へ

鹿児島生まれの26歳はブンデスリーガの地で大いなる飛躍を続けている。シャルケ戦で見事なシーズン初ゴールを挙げたケルンのストライカー、大迫勇也が纏うカリスマに現地メディアもメロメロだ。

もちろん彼の得点感覚が洗練されているという事実は高校時代からすでに明白であり、多くの数字がそれを証明してきた。そして今やそのクオリティはブンデスリーガを象徴するトップストライカーを彷彿とさせるものにまで昇華したのかもしれない。独『effzeh.com』は2014年に1860ミュンヘンからやってきた日本の“助っ人外国人”を次のように評している。

「大迫は日本では最前線のストライカーとしてレギュラーを張っていたものの、ペーター・シュテーガーのクラブは真のプレイメーカーを欲している。総合的な技術力の高さとボール支配力を併せ持つ大迫は昨季、10番の位置やシャドウストライカー、そしてウインガーとしても起用され、どんなにハードなプレスをかけられようがへっちゃらだった。しかしそのことが大迫をトップのポジションから遠ざけてしまうことに繋がっている」

「後方からのフライパスが大迫の元へ届けば、彼はそれを胸トラップで巧みにコントロールし、決して敵に奪われることがない。その様子はどこかロベルト・レヴァンドフスキっぽい雰囲気すらある」

“10番”として起用された背番号13の大迫から、“9番”の才能も多分に感じると主張する同メディア。そんなありがたい言葉を受けた大迫は次節、25日にホームでライプツィヒとブンデスリーガ第5節を戦う予定となっている。もちろんこのゲームでもレヴァンドフスキのようなプレイが飛び出すことを期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/23(金) 12:31

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]