ここから本文です

2試合4得点と大暴れのバロテッリ 指揮官も驚き「もし彼がプロフェッショナルであれば……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月23日(金)13時10分配信

今度こそ大丈夫か

リヴァプールで完全に終わったかと思われたマリオ・バロテッリは、今夏加入したニースで2試合4得点と大暴れしている。21日のモナコ戦では難しい角度から右足でぶち込んだ得点に加え、巧みに相手DFから離れて右足で狙い澄ましたシュートを決めるなど、最近では全く見ることのできなかった豪快かつ繊細なパフォーマンスを披露している。チームもバロテッリに引っ張られたのか、現時点で首位に立っている。

この活躍を指揮官のルシアン・ファブレも喜んでおり、バロテッリがプロフェッショナルな姿勢を維持すればトップレベルの選手に戻れると称賛。最初の2試合で4得点は出来すぎだと驚いている。仏『RMC Sport』などがファブレのコメントを伝えている。

「もし自身がプロフェッショナルであれば、トップレベルに戻ることができると自覚しただろう。我々は徐々に彼が強くなるよう助けるつもりだよ。最初の2試合で4得点?私はそこまでの期待はしていなかったよ」

ファブレはバロテッリの才能に疑いはないとも話しており、態度や献身性がトラブルになっていることを強調。そこさえクリアできればトップレベルのストライカーになれると確信しているようだ。これまでのバロテッリは良い流れを継続できない悪い部分も見せてきたが、今度こそ継続性を見せられるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月23日(金)13時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。