ここから本文です

スビトリーナがムグルッサ破り、大坂との準決勝へ [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9月23日(金)21時14分配信

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)のダブルス準々決勝で、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が今年の全仏オープンを制した第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-2 4-6 6-3で倒してベスト4進出を果たした。試合時間は1時間59分。

大坂なおみがサスノビッチを倒してWTAツアーで初の準決勝進出 [東レPPO]

 この結果でスビトリーナは、ムグルッサとの対戦成績を2勝2敗のタイに追いついた。今シーズンは2月にドバイ(WTAプレミア/ハードコート)の2回戦で対戦し、スビトリーナが7-6(3) 6-3で勝っていた。

 2013年から4年連続で東レ パン・パシフィック・オープンに出場しているスビトリーナ。過去3大会はすべて2回戦敗退に終わっており、昨年は優勝したアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)に4-6 1-6で敗れていた。今大会では1回戦でココ・バンダウェイ(アメリカ)を6-3 6-4で、2回戦では第8シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を7-6(5) 6-4で破って勝ち上がっていた。

 スビトリーナは準決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)の大坂なおみ(日本)と対戦する。大坂は準々決勝で、予選勝者のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)を6-3 7-6(6)で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月23日(金)21時14分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]