ここから本文です

ラドバンスカ、スビトリーナ、ウォズニアッキ、大坂が4強 [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9/23(金) 23:00配信

「東レ パン・パシフィック・オープン」(本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート)の本戦5日目は10時00分(会場は11時00分)から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準々決勝3試合・ダブルス準決勝2試合が行われた。

大坂なおみがサスノビッチを倒してWTAツアーで初の準決勝進出 [東レPPO]

 シングルスは前年の優勝者で第2シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、大坂なおみ(日本)が勝ち上がり、ベスト4が出揃った。

 ダブルスでは、第2シードのサーニャ・ミルザ(インド)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)がガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)を4-6 6-3 [10-5]で、リャン・チェン/ヤン・ジャオシュアン(ともに中国)は第3シードのラケル・アトワー/アビゲイル・スピアーズ(ともにアメリカ)を4-6 6-2 [10-5]で破り、それぞれ決勝進出を果たした。

 東レ パン パシフィック オープンはWTAツアー・プレミアの規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【コロシアム】

第1試合 ダブルス準々決勝
●13加藤未唯/シュー・イーファン(佐川印刷/中国)2-6 2-6 ○16サーニャ・ミルザ/バーボラ・ストリコバ(インド/チェコ)[2]

第2試合 シングルス準々決勝
●28モニカ・プイグ(プエルトリコ)2-6 3-6 ○32アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)[2]

第3試合 シングルス準々決勝
●20マグダ・リネッテ(ポーランド)[Q] 4-6 3-6 ○22カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)

第4試合 シングルス準々決勝
●11アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)[Q] 3-6 6-7(6) ○14大坂なおみ(日本)[WC]

第5試合 シングルス準々決勝
●1ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[1] 2-6 6-4 3-6 ○5エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)

--------------------

【Indoor1】

第1試合 ダブルス準々決勝
○5ラケル・アトワー/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)[3] 6-2 7-6(5) ●8アレクサンドラ・クルニッチ/ジェシカ・ムーア(セルビア/オーストラリア)

第2試合 ダブルス準決勝
●11ガブリエラ・ダブロウスキー/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(カナダ/スペイン)6-4 3-6 [5-10] ○16サーニャ・ミルザ/バーボラ・ストリコバ(インド/チェコ)[2]

第3試合 ダブルス準決勝
○2リャン・チェン/ヤン・ジャオシュアン(中国)4-6 6-2 [10-5] ●5ラケル・アトワー/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)[3]

--------------------

【Indoor3】

第1試合 ダブルス準々決勝
○2リャン・チェン/ヤン・ジャオシュアン(中国)6-1 1-6 [10-1] ●4アリナ・ラディオノワ/オルガ・サブチュク(オーストラリア/ウクライナ)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/23(金) 23:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]