ここから本文です

DeNAが巨人に勝ち越し決定 筒香満塁弾など空中戦制し逆転2位へ望み

Full-Count 9月23日(金)21時40分配信

DeNAが計6本塁打で巨人に勝利

 初のクライマックスシリーズ進出を決めている3位のDeNAが23日、東京ドームで2位巨人に勝利し、ゲーム差を2.5に縮めた。両軍合わせて8本の本塁打が飛び出したが、空中戦を制し、これで今季の巨人戦シーズン勝ち越しを決めた。

 DeNAは初回の坂本のソロなどで2回までに2点を奪われたが、3回に2番に入った梶谷の2ランで同点に追いついた。DeNA先発の石田はすぐにその裏、村田に2ランを浴びたが、6回にロペスが31号2ランで同点。本塁打で取られたら、本塁打で返す。DeNA打線も負けずに打ちまくった。

 そして7回。先頭の白崎が田口から勝ち越しの6号ソロを放つと、満塁とさらに攻めて巨人4番手の宮国から4番の筒香が41号の満塁本塁打を放ち、試合を決めた。さらに9回にロペスが初登板となった巨人のルーキー・中川から左翼席へ32号ラン。筒香が左翼席へ2打席連続42号ソロ。6本の本塁打が飛び出した。

 対巨人戦は24日に本拠地・横浜で1試合が残っているが、この日の勝利で対戦成績は13勝10敗1分となり、今季の勝ち越しが決まった。今季は残り3試合。本拠地CS開催へ、負けられない戦いが続く。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月23日(金)21時42分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。