ここから本文です

ナゴムレコードの中心的存在、有頂天がビルボードライブ出演決定

Billboard Japan 9月23日(金)14時40分配信

 ナゴムレコードの中心的存在であり、今年メジャーデビュー30周年を迎えた有頂天が2017年1月にビルボードライブ東京で公演を行うことが決定した。

 有頂天はKERAを中心に1982年に結成。KERAが主宰するナゴムレコードとともに80年代半ばから日本のインディーズ・ミュージック・シーンに大きな影響を及ぼした。2014年に再結成を果たし、翌年には『でっかち』(1990年)以来、24年ぶりとなる新スタジオ録音作品『lost and found』をリリース、また、先日9月21年にはメジャーデビュー30周年を記念した永久保存版のボックスセットをリリースし、いずれも話題となった。

 2016年3月のビルボードライブへ出演を経て、今回、ビルボードライブのステージへ満を持しての登場となる有頂天。日本のインディーズ/サブカル・シーンを牽引する有頂天の最新のステージに期待が集まる。なお、公演は1日2ステージ行われる。

◎公演情報
【有頂天】
2017年1月7日(土) ビルボードライブ東京
1st 開場17:00/開演18:00
2nd 開場20:00/開演21:00

詳細:http://www.billboard-live.com/

最終更新:9月23日(金)14時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。