ここから本文です

リンゴ・スター、“国際平和デー”に新曲&ビデオ公開

Billboard Japan 9/23(金) 18:10配信

 元ビートルズのリンゴ・スターが“国際平和デー”の9月21日、国連と連携して新曲「Now The Time Has Come」と同ミュージックビデオを公開した。リンゴは、「僕は平和と愛をもってこのレコードに取り組んだ。このプロジェクトに参加できて嬉しかったよ」と語っている。

 リンゴとプロデューサーのブルース・シュガーによる共作曲「Now The Time Has Come」には、リチャード・ペイジ(元Mr.ミスターのリードシンガー)、コリン・ヘイ(元メン・アット・ワークのリードシンガー)、ビリー・バレンタインをはじめ、ソーシャルメディア・スターのクリスチャン・コリンズとマディ・ジェーンや、ケイシー・マクファーソン(シンガーソングライター)、ジェームス・マスロウ(俳優)、ウェスレイ・ストロンバーグ(オーディション番組『Xファクター』出身のシンガー)が歌で参加している。

 同曲は“ハグ(抱き締める)”という平和な行為を通じて暴力のない1日を奨励するソーシャルメディア・キャンペーン“#HugForPeace(平和のためにハグを)”の一環として作られた。



◎Ringo Starr「Now The Time Has Come」
https://www.facebook.com/ringostarrmusic/videos/vb.8829052676/10154012317212677/?type=2&theater

最終更新:9/23(金) 18:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]