ここから本文です

ワイドな来季用F1タイヤ開発:メルセデスが5回目のテストを完了

オートスポーツweb 9月23日(金)7時28分配信

 メルセデスは今週、ピレリF1の2017年用タイヤ開発テストを2日間にわたってフランス ポール・リカールで行った。

2017年ピレリF1タイヤテスト フェラーリがウエットタイヤで走行

 来季F1マシンのペースを大幅に向上させるためのレギュレーション変更に伴い、ピレリは今より25パーセント幅広いタイヤを導入する。その開発のため、3チームが来季のダウンフォースを考慮してモディファイした2015年型マシンを使用して10回にわたってテストを行う予定となっている。

 21日、22日の2日間、ピレリは来季用サイズのウエットウェザータイヤのテストを行った。5回目となるテストを担当したのはメルセデスで、マノーのパスカル・ウェーレインがステアリングを握った。

 天候は晴れだったが、人工的にウエットコンディションに変えたコースをウェーレインが走行、初日、2日目ともにそれぞれ135周を走った。

 次回テストは10月12、13日にスペイン バルセロナで行われ、引き続きメルセデスが担当する。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月23日(金)7時32分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]