ここから本文です

WECの2017年カレンダー発表。16年同様全9戦開催。SFと3戦バッティング

オートスポーツweb 9月23日(金)11時27分配信

 WEC世界耐久選手権は22日、2017年のシリーズカレンダーを発表した。2016年シーズン同様全9戦の開催で、今季と開催地はすべて同様となっている。

 2017年シーズンのWECは、今季同様シルバーストンが開幕戦。スパ・フランコルシャンでの第2戦に続き、6月18~19日にシリーズのハイライトとなるル・マン24時間を迎える。第4戦はドイツのニュルブルクリンクで、そこからはフライアウェイ。メキシコ、アメリカと開催される。

 富士スピードウェイでの日本ラウンドは10月15日が決勝日。中国ラウンドを経て、バーレーンで最終戦となる。2016年とカレンダーの流れは同じで、開催日も大きな変動はない。

 異なるのは開幕前の合同テスト“プロローグ”で、例年フランスのポールリカールが開催地となってたが、今季はイタリアのモンツァが開催地となった。

「高いレベルで現在まで5年間、安定してシリーズを開催できることを嬉しく思う」と語るのは、ACO代表のピエール・フィヨン。

「2017年カレンダーは、我々が世界中で耐久レースの伝統を保ち続けることを意味している」

 気になる日本のビッグレースとの日程バッティングについては、スーパーGTは第2戦富士が5月3~4日、WECスパが5月4~6日という日程。その他は重なっていない。一方、全日本スーパーフォーミュラ選手権については、第1戦鈴鹿とシルバーストンが、第3戦富士とニュルブルクリンクが、第7戦鈴鹿が上海と重なっており、3戦がバッティングしている。

 現在のところ日本のレースのカレンダーは暫定であるため、今後日程の調整も大いにあり得そうだ。

WEC世界耐久選手権 2017年カレンダー
Rd./Date/Cource/Distance/Nationality
TEST/3月24~25日/WECプロローグ/-/
1/4月16日/シルバーストン/6時間/イギリス
2/5月6日/スパ・フランコルシャン/6時間/ベルギー
3/6月17~18日/ル・マン/24時間/フランス
4/7月16日/ニュルブルクリンク/6時間/ドイツ
5/9月3日/メキシコ/6時間/メキシコ
6/9月16日/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ/6時間/アメリカ
7/10月15日/富士スピードウェイ/6時間/日本
8/11月5日/上海国際サーキット/6時間/中国
9/11月18日/バーレーン/6時間/バーレーン


[オートスポーツweb ]

最終更新:9月23日(金)11時27分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。