ここから本文です

ルノー、成績不振によるチーム内の不和とリーダーシップ不足を認める

オートスポーツweb 9月23日(金)14時36分配信

 ルノーのシリル・アビテブールが、チームの舞台裏で「ある種の緊張」があり、「強力なリーダーシップ」が必要であることを認めた。 

 ファクトリーチームとしての復帰初年度の成績が、予想を大きく下回っていることから、ルノーのチーム内に動揺と混乱があり、2017年のドライバーラインナップがなかなか決まらないのも、おそらくその影響だろうとの噂が流れている。

 もしそうだとすれば、エンストンとビリーで立っている波風をうまく収めることが、ルノー・スポール・レーシングのジェローム・ストール社長、マネージングディレクターのアビテブール、そしてチーム代表フレデリック・バスールにとっての急務だ。

 ルノーのチーム内に何らかの不和が生じているのかとの問いに、アビテブールは「それは成績不振に起因する、ある種の緊張にすぎない」と語った。

「レッドブルを見るといい。昨年あのチームには激しい緊張があった。メルセデスでも、パフォーマンスを発揮できなかった時期には、やはり緊張があった。私たちがそうした状態にあるのは、いわば当然のことだ」

「現在このチームが経験している状況に、私はショックを受けてはいないし、この緊張にうまく対処できるという自信もある。こうした緊張に対処する心構えがない、あるいは乗り切れそうにないと思うような人々は、そもそもF1の世界には向いていない」

 数カ月前に、ビリーのエンジン開発施設から、エンストンのシャシー部門を監督する立場に移ったアビテブールは、チームにおいて権威と指導力が求められていることを承知している。


「このチームが何よりも必要としているのは、資金でも投資でも人材でもなく、リーダーシップ、それも強力なリーダーシップだ。ジェローム、フレデリック、そして私の3人が、チームとしてどこへ行きたいかを示す、明確で総合的なリーダーシップを提供しなければならない。チームに関わるすべての人々のために、私たちはそれを明確化するプロセスを進めている」

「内部の人間だけなく、外部の人々にも、現在のチーム運営組織ができてから9カ月しか経っていないことを認識してもらう必要がある。もう少し時間を与えてもらえさえすれば、誰が何について責任を負うのかについて、はっきりとした理解と認識ができるはずだ」

「ジェロームとフレデリックと私は、それぞれ性格もスキルも、過去のマネジメント経験も異なるが、互いに協力して(ビリーとエンストンの)2つのチームを運営していこうとしている。とても難しい仕事ではあるものの、必要なものはすべて揃っている」

 いずれにしても、ルノーがロータスを買収したのはわずか9カ月前のことで、ワークスチームとしては生まれたばかりにも等しいことを忘れないでほしいと、アビテブールは言う。

「あまりうまく行っていないときは、内部の関係も難しくなるし、それを隠そうとは思わない。だが、チームがパフォーマンスを発揮し始めると、また急にみんなが仲良くなるものだ」

「実際のところ、今年はまだ1年目だ。誰もがまず自分の居場所、自分の立ち位置を見つけることから始めなければならなかった。私はチームの大部分の人々が、それにどう対処してきたかを知っているから、その点では何の心配もしていない。また、私たちが今やっていることを恥じるべきでもないと思っている」

「私たちには大きな志がある。そして、現在の組織ではチームが正しい方向へ進めないと考える理由は、ひとつも見当たらない」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月23日(金)14時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]