ここから本文です

今宮純F1シンガポールGPドライバー採点&短評:攻めと守りが交錯した61周

オートスポーツweb 9/23(金) 14:48配信

F1ジャーナリストの今宮純氏が独自の視点でドライバーを採点。週末を通して、22人のドライバーから「ベスト・イレブン」を選出。予選やレースの結果だけにとらわれず、3日間のパドックでの振る舞い、そしてコース上での走りを重視して評価する。特殊なナイトレース&市街地のサーキットで五つ星を獲得したドライバーは?

【写真】ポール・トゥ・フィニッシュでトップを奪い返したロズベルグはスタッフに担がれ祝福される

ーーーーーーーーーーーー



ニコ・ヒュルケンベルグ
もっと悔しがるかと思ったが、彼はジェントルマン・ドライバーだ。金曜から絶好調、予選でパワーダウン減少が起きなければ3列目も望めた。抜群のスタート(チームデータによれば過去最速)も50mでジ・エンド。「誰も悪くない、レーシングアクシデントだった」のコメントは泣かせる。接触後、マシンを左に寄せ、後続二次災害を防いだフェアプレーによって大事故にならず。

カルロス・サインツ
旧型PUハンデを“レス・ダウンフォース"でカバーしてきた高速GP後、チームはここで空力効率の最適設定を見つけられた。金曜からトラクションを活かす、ひさびさの元気コーナリングで対マクラーレンを意識。それだけにグリッド接触事故による後退はあまりに惜しい。

☆☆

セバスチャン・ベッテル
シンガポール4勝が証明する“出口プッシュ・コーナリング"のタッチが、なかなかできない。そのイライラ感が走りににじんでいた。アクセルオン・タイミングを変え、ターンインのポイントをずらすなど研究熱心さが見てとれた。最悪の22位グリッドから最善の5位へ、レース中ずっとドライビングを懸命に調整した最良の結果だ。

ケビン・マグヌッセン
ホテルまでコース上を歩いて往復するたびに、この道(コース)はモナコより“バンピー"な舗装だと感じる。今のルノーには過酷。フロントサスペンションはドタバタで、空力によって抑え込む範囲を超えている。スーパーソフト2ストップ作戦遂行、10位入賞。マシン振動など肉体的に相当つらかっただろう。

マックス・フェルスタッペン
FP1トップ、イニシャルセッティングがどうであろうと“腕比べ"の走り出しからプッシュ、プッシュ(!)。減速完了時のスピードが高く、それをクリッピングポイントでもキープ。明らかにオーバースピードに見えても、パワースライドで出口をクリアする。この迫力感を鈴鹿に行かれる方は是非。アウトラップからMAXなのがフェルスタッペン(!)。

☆☆☆

フェルナンド・アロンソ
バトンだけでなく、ピットで見ているバンドーンに今のマシン&PUの“限界走法"をアピールするようだった。アクセルペダル設定は常に“全開モード"。それを非常に微細に踏み分けるトルクコントロール(長谷川氏からそのヒントを聞いた)。予選9位、決勝7位、これはアロンソ個人技によるリザルト。スタート直前、グリッド上に本社社長が来られたが、お愛想はせずに彼は集中モードになっていた。あの気迫、社長に伝わっただろうか?

ダニール・クビアト
昨年FP2トップだったのを覚えているだろうか。レッドブルと一体化、本能の速さを持つクビアトの真骨頂がさく裂。スランプを吹き飛ばすならここだろうと思っていたが、ようやく95%元に戻った。レース中のフェルスタッペンとのバトルはどっちもどっちのイーブン。スランプ脱出のきっかけになったのではないか。

キミ・ライコネン
低い縁石を目いっぱい使い、ワイドラインを描く走りを目の当たりにして、スイートスポットにはまったキミを感じた。ベッテルとは明らかにセットアップ方向を変えたはずだ。ひと言でいうなら「流麗コーナリング」。タイヤマッチングもベターでいたのに、レース戦略のあやで4位に終わった。チーム批判は慎み、耐える彼らを見るととても空しい……。

☆☆☆☆

セルジオ・ペレス
余談、木曜深夜にチームスイートで雑談中にペレスとひと言。「トム・クルーズに似ているとか?」、「いやあ、よく言われるけどね」。23戦連続完走、16入賞、フォース・インディア“トップガン"が貴重な8位4点を追加、1点差逆転ランク4位へ。最終スティント36周(ソフト最長)が効いた。地道なレースマネージメント、ナイトレースで渋く光る。

ニコ・ロズベルグ
ママチャリではない普通の自転車でホテルとサーキットを“通勤"。金曜クラッシュから始まった週末、こつこつと進めていった落ち着き(あるいは自信)に、メンタルコンディションの変化を感じる。ハミルトンはあいかわらずスター気取りで(耳に大きなダイアモンドピアス)、比べたらニコは一般人のよう。FP1クラッシュを猛省してから、限界ゾーン寸前のセルフコントロールを予選、決勝で持続。まるでマラソンランナーのような1時間55分48秒950、精密な駆け引きの61周だった。

☆☆☆☆☆

ダニエル・リカルド
金曜FP2が終わったのは午後11時。それからミーティングがあり、日付け変わった土曜午前3時半にリカルドはパドックから帰っていった。4位で終わったFP2のあと、彼らは未明までダメ出しを続けていた(いつもの笑顔で深夜のご帰還)。土曜予選は2位、セクター3最速で追いすがるもPPには届かった。最速メルセデスに対し、彼らは3ストップレースに賭け、ファイナルラップまで徹底攻撃にいった。タイヤはぼろぼろでも0.488秒差までウイナーに迫った闘争心は“最高の敗者"。今年一番のレーシング・スポーツを演じたリカルド。


[オートスポーツweb ]

最終更新:9/23(金) 14:56

オートスポーツweb