ここから本文です

豪華カレーが人気 金沢おどり会場で販売

北國新聞社 9月23日(金)15時55分配信

 金沢市の石川県立音楽堂邦楽ホールで開催中の金沢おどり(同実行委、一般財団法人石川県芸術文化協会、北國新聞社主催)では、手拭い、ハンドタオルなどの関連商品が会場内で販売されている。今回は能登牛、伊勢エビなどの豪華食材を使ったレトルトカレーが初めて登場した。1日限定10食で1箱(250グラム)税込み1080円と割高だが、初日の22日は早速売り切れる人気となっている。

 このカレーは懐石つる幸(金沢市)の「伊勢エビスープ・能登牛カレー」。2009年に開発し、通販商品として取り扱ってきた。伊勢エビの頭のスープをベースにルーを練り、鶏ガラや香草を加え味を引き出したという。総料理長の河田康雄さん(50)は「東京のイベントでは450食が売れた。手応えに感慨深い」と話す。

 金沢おどりは25日まで、毎日午後1時と同4時に開演する。

北國新聞社

最終更新:9月23日(金)15時55分

北國新聞社