ここから本文です

バルサに“不可欠な男”が契約延長 ブスケツ「僕の夢はここで引退すること」

ゲキサカ 9月23日(金)8時59分配信

 バルセロナは22日、MFセルヒオ・ブスケツとの契約を2021年まで延長したと発表した。契約は21年6月30日までとなっているが、試合出場数に応じて22-23シーズンまで延長できるオプションがついている。

 1988年7月16日生まれで現在28歳のブスケツは、下部組織から08-09シーズンにトップチームデビューを果たすと、攻守のバランサーとして不可欠な存在へと成長し、公式戦390試合に出場している。

 クラブ公式ウェブサイト上で、ブスケツは「僕の夢はバルサで引退することだよ」とコメントしている。

最終更新:9月23日(金)8時59分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。