ここから本文です

ギグス監督誕生か?低迷するスウォンジーが招聘を画策

ゲキサカ 9月23日(金)16時38分配信

 マンチェスター・ユナイテッドを退団したライアン・ギグス氏が、スウォンジーの指揮官に就任する可能性が浮上した。英『テレグラフ』が報じている。

 1987年にユースに加入して以降、ユナイテッド一筋だったギグス氏。2014年に現役を引退するまで、プレミアリーグを12回、UEFAチャンピオンズリーグを2回、FA杯を4回、リーグ杯を2回の優勝を経験。05年にはイングランドサッカーの殿堂入りも果たし、引退後も昨季までユナイテッドのアシスタントコーチを務めていた。しかし、今季からジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことで、新たな役割での残留オファーを受けたが、これを断り、29年間在籍したクラブに別れを告げていた。

 スウォンジーは開幕から5試合を終えてわずか1勝と15位に低迷。ヒュー・ジェンキンス会長は、今年1月に指揮官に就任したフランチェスコ・グイドリン監督の後任としてギグス氏の招聘を検討しているとのこと。しかし、シーズン序盤での監督交代には消極的なようだ。果たして、“ギグス監督”は誕生するのだろうか。

最終更新:9月23日(金)16時38分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。