ここから本文です

ネイマール2世は「世界中のオファー」からインテル入り選択、「常に第一希望だった」

ゲキサカ 9月23日(金)20時21分配信

 インテルは22日、ブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ(20)の入団会見を行った。同選手はサントスで10番を背負っていたことから「ネイマール2世」と呼ばれる逸材で、今夏、争奪戦をインテルが制していた。リオデジャネイロ五輪ではU-23ブラジル代表の一員として参加し、金メダル獲得に貢献していた。愛称はガビゴル。

 同選手はすでに21日のエンポリ戦でもベンチ入りを果たしているが、改めて入団会見が行われた。公式サイトによると、「僕の人生にとって大きな変化だ」と話したガビゴルは、「コパ・アメリカとリオ五輪の両方に出たので僕にはまだ少し時間が必要だ。でも僕は若い。ハードなトレーニングに取り組んでいるし、ボローニャ戦に出場する準備を進めている」と週末のデビューを予告した。

 また、今夏の移籍について「世界中からオファーがあった」と明かす。その中でインテルを選択したのは「常に第一希望だったからだ」。フランク・デ・ブール監督とも良い話し合いが出来ていると話すと、「高いモチベーションと責任を持って取り組むことをファンに約束したい」と意気込んだ。

最終更新:9月23日(金)20時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。