ここから本文です

「夢を持て」鹿島入団内定FW安部は本田圭佑の言葉を支えにプロ入り掴む

ゲキサカ 9月23日(金)20時43分配信

 鹿島アントラーズに入団が内定した瀬戸内高のFW安部裕葵は、日本代表MF本田圭佑(ミラン)の言葉を支えにプロ入りの夢を掴んだ。

 東京都生まれの安部は、中学生の時に本田のマネジメント事務所HONDA ESTILO株式会社のグループ傘下のジュニアユースチームであるS.T.FOOTBALL CLUB(エスティーフットボールクラブ/東京都清瀬市)に所属していた。コメントを発表した安部は、中学3年生の時に本田にかけられた言葉を胸にプロ入りを掴んだと話している。

「本田選手の常に結果にこだわる姿勢を参考にしています。また中学3年生の時にかけられた『夢を持て』という言葉を胸に高校生活を過ごしました。S.T.FCでの3年間は、サッカーに向き合うことができ、サッカー選手としての基礎が作れた3年間でした。特にサッカーだけではなく“忍耐力”や“継続すること”など本田フィロソフィーを通じた人間力を教わりました。これから、今まで僕に携わってくださった人達に感謝の気持ちを持ち、恩返しをしたいです」

 本田のグループ傘下から初のプロサッカー選手となった安部は、さらに大きな夢も語っている。

「近い将来、プレミアリーグでプレーし活躍したいと思っています。そのためにプロとして必要な行動を選択できるように心がけ、いつの日か本田選手の存在を超えていきたいです」

最終更新:9月23日(金)21時23分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。