ここから本文です

日産、救援活動を想定したコンセプトカーを披露

carview! 9/23(金) 11:34配信

日産自動車は9月21日にドイツで開幕した商用車見本市ハノーバーモーターショー2016で、過酷な地域における救援活動を想定して開発したピックアップトラック「ナバラ エンガード コンセプト」を初披露した。

【動画付きで見る】

ナバラは、日産がヨーロッパやアジア、アメリカ大陸など幅広い地域で販売しているピックアップトラック。地域によっては「フロンティア」の名で展開されている。

ナバラ エンガード コンセプトは、そのナバラのダブルキャブ仕様をベースに、緊急時や災害時に救援車両として役立つように改造を加え、同時にパフォーマンスアップを図ったもの。

主な特殊装備としては、レスキュー活動に待ち受ける危険を事前に把握するため、カメラを内蔵したドローンを装備。また電源供給が可能なポータブルバッテリーパックを搭載する。このバッテリーパックは、電気自動車e-NV200の技術を応用したもので、辺境地においても救援機器への電源供給を可能とする。

株式会社カービュー

最終更新:9/23(金) 14:06

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。