ここから本文です

手榴弾からの攻撃にも耐えられる!? マイバッハS600プルマン ガードがデビュー

carview! 9/23(金) 14:55配信

メルセデス・ベンツのフラッグシップブランドであるメルセデス-マイバッハは、「S600プルマン」の防弾仕様となる「メルセデス-マイバッハS600プルマン・ガード」を発表した。

【写真をもっと見る(12枚)】

こちらは、先日発表されたメルセデス-マイバッハS600のストレッチリムジン版「メルセデス-マイバッハS600プルマン」の防弾仕様車で、ドイツのミュンヘンにある「German Ballistics Testing Center(ドイツ弾道学試験センター)」の、民間車両としては最上位となるVR9規格を満たしているとのこと。ERV(Explosion Resistant Vehicles:対爆発防御車輌)2010年のガイドラインにも準拠。自動小銃はもとより、手榴弾からの攻撃にも耐えられるとのことだ。

特筆すべきは、6500mmの全長をはじめとするエクステリアのデザインがS600プルマンとほぼ同様となっていることだ。これは外観から防弾仕様車と判別できてしまうと逆に標的になりやすいという配慮のもと。ただしボディシェルに強固な特殊鋼を用いたり、ウインドウは内側にポリカーボネートのコーティングが施されるなどして、車両重量は5.1トンにものぼるという。

ダイムラーAGのメルセデス・ベンツ乗用車セールス&マーケティング部門取締役であるオーラ・ケレニウス氏は、「世界中の政府や王室にとって、S600プルマンとS600プルマン・ガードは彼らのステータスに相応しい移動手段となるでしょう」とコメント。最初の顧客には2017年後半にデリバリーされるという。

株式会社カービュー

最終更新:9/23(金) 14:55

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。