ここから本文です

グランプリに3作品 青森県展

Web東奥 9月23日(金)9時54分配信

 青森県文化振興会議は23日付で、第57回県美術展覧会「県展2016」の入賞者を発表した。グランプリには弘前市の川口みさ子さん(64)の油彩画「創(そう)」、青森市の山本幸次さん(70)の写真「綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)」、板柳町の葛西樂川さん(60)の書「登岳陽樓(とうがくようろう)」の3作品が選ばれた。
 応募点数は絵画89点、写真56点、書道49点、彫刻4点、工芸9点の計207点。このうち入選196点の中から、グランプリ3点、特選9点、優秀賞17点、奨励賞27点を決めた。
 昨年は、2000年に無鑑査から審査方式に変更して以来、初めて応募が200点を下回り、187点全点入選だった。今年も応募が少なかったため、締め切りを17日間延長。応募数は昨年から20点増えた。
 県展は、前期(写真・書道・彫刻・工芸)が10月6~9日、後期(油彩、水彩、版画、日本画、切り絵、アクリル)が同月13~16日、いずれも青森市の県立美術館コミュニティギャラリーで開かれる。入選作品に招待・賛助作品を加えた計224点を展示する。入場無料。
 特選と優秀賞は以下の通り。
 ◇特選▽油彩=相馬賢二(十和田)二瓶倫尚(青森)▽版画=工藤玲子(同)鈴木敏(同)▽写真=齋藤實(弘前)館山昇(青森)▽書道=河原木孤邨(八戸)松田牧子(東京、青森出身)▽彫刻=藤田招慶(弘前)
 ◇優秀賞▽油彩=甲田愛子(七戸)藤島廣司(八戸)安田晋司(むつ)▽水彩=齋藤江里子(弘前)▽版画=山田耕也(青森)▽日本画=中村浩志(弘前)▽切り絵=佐々木幸雄(同)▽写真=葛西米守(青森)早川尚彦(同)平山孝夫(五所川原)藤林哲夫(弘前)柳町信廣(八戸)▽書道=石戸谷青悠(七戸)岩澤翠汀(八戸)越前雅彦(七戸)佐々木栄治(板柳)▽工芸=田中咲季(山形、青森出身)

東奥日報社

最終更新:9月23日(金)9時54分

Web東奥