ここから本文です

白杖歩行に理解広がれ 盲学校生徒ら協力訴え

愛媛新聞ONLINE 9月23日(金)0時0分配信

 点字ブロックの大切さや白杖歩行への理解を呼び掛けようと、松山盲学校の生徒ら約30人が22日、愛媛県松山市衣山1丁目のスーパーで買い物客にチラシなどを配り、「点字ブロックに自転車や車を置かないよう、ご協力をお願いします」と訴えた。
 同校PTAが中心となって昨年度に続き実施。高等部の生徒4人が保護者や教員らと共に店の入り口に立ち、ポケットティッシュを添えてチラシ200枚を配布し、「視覚障害者にとって点字ブロックは大事な道しるべです」などと声を掛けた。
 高等部普通科2年の女子生徒(16)は「点字ブロックを自動車がふさいだり、人が意識せずに立っていたりして通れないこともあり、気を付けてもらえればと思いを込めた。前回よりも多く受け取ってもらえた印象で、白杖を使っている人への理解も広げていきたい」と話した。

愛媛新聞社

最終更新:9月23日(金)12時50分

愛媛新聞ONLINE