ここから本文です

海山の幸で新メニュー 家庭的な味の2品PR

愛媛新聞ONLINE 9月23日(金)0時0分配信

 南予の豊かな食材を生かした新たなメニューを広く知ってもらおうと、愛媛県南予地方局は22日、宇和島市弁天町1丁目の道の駅「きさいや広場」で試食会を開いた。買い物客らが足を止め、家庭的な味を楽しんだ。
 えひめいやしの南予博や2017年の愛媛国体へ向け、県と市町、民宿経営者らでつくる、ふるさとの食振興研究協議会が15年4月、新メニュー開発に着手。農家レストランや農林漁家民宿で提供する共通料理12品を完成させた。
 試食会では8軒の民宿などが、タイとカボチャ、豆腐を使った「南予焼き ねぎ味噌(みそ)だれ」と、アウトドア向きの「みかん寿司(ずし)のおにぎらーず」をそれぞれ200食用意。

愛媛新聞社

最終更新:9月23日(金)0時0分

愛媛新聞ONLINE