ここから本文です

男性を射殺した警官訴追 米オクラホマ州

CNN.co.jp 9月23日(金)11時47分配信

(CNN) 米オクラホマ州タルサで男性が警官に射殺された事件で、タルサ郡の地区検事は22日、過失致死罪で警官を訴追したと明らかにした。

ベティ・シェルビー容疑者は、路上に停車していたスポーツ用多目的車(SUV)の近くにいたテレンス・クラッチャーさん(40)を射殺した。

起訴状によれば、シェルビー容疑者は「恐怖心から不合理な行動を取り、発砲に至った」という。容疑者はクラッチャーさんが「適法な命令」に従わなかった後、「不法かつ不要に」クラッチャーさんを撃った疑いで訴追された。

シェルビー容疑者が有罪になった場合、禁錮4年から終身刑に処せられる可能性がある。

シェルビー容疑者の弁護士によれば、容疑者はクラッチャーさんが奇異な行動を取って命令を無視したため、武器を取ろうとしているのではと懸念したという。

出動したパトカーやヘリコプターなど複数の警察カメラの映像にはクラッチャーさんが撃たれた状況が記録されており、射殺される前にクラッチャーさんは両手を頭の上に挙げた状態だった。彼はシェルビー容疑者から離れ自分の車に向かって歩いていた。

車の窓が開いていたかどうかを確認できるビデオはない。また、車の中に武器は見つかっていない。

事件は16日、放置車両が道路をふさいでおり、男性が走り去ったとの女性からの緊急通報から始まった。男性は「車が爆発する」と警告したという。

シェルビー容疑者は一番早く現場に到着したが、この件の通報を受けた出動ではなかった。容疑者の弁護士によれば、家庭内暴力に関する別の通報を受けて急行する途中、クラッチャーさんに遭遇したという。

最終更新:9月25日(日)12時59分

CNN.co.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。