ここから本文です

「Google Allo」、「Smart Reply」の機能向上のためユーザーのメッセージを「永久」に保存

CNET Japan 9月23日(金)12時49分配信

 「Google Allo」は、「Google Assistant」が組み込まれたメッセージングアプリであり、「Smart Reply」と呼ばれる返信の自動生成機能のほか、日常生活に役立つさまざまな情報をコンピュータが生成して提案する機能がある。

 だが、米国時間9月21日にGoogleが明らかにしたところによると、こうした機能をできるだけ役立つものにするため、同社はユーザーのプライバシーをある程度犠牲にしているという。ユーザーのメッセージを自社サーバに短期間だけ維持するのではなく、Googleはそれらを無期限に、あるいは少なくともユーザーが手作業で削除するまで保存するのだ。

 Googleがこの日認めたように、これは5月のGoogle I/Oの開催前に、同社が一部のジャーナリストに語った内容とは異なっている。Googleは当初、メッセージを「短期的」に保存しようと考えていた。だが、Alloをテストする中で、参照できるユーザーのメッセージ履歴が長いほど、Smart Replyがうまく機能することがわかった。

 この変更により、Alloは、メッセージがサービス提供企業のサーバにいつまでも残らないようにするかどうかはユーザーに任せる形をとるという点で、デフォルトでプライバシー設定を組み込んだ他のメッセージアプリとは一線を画することになる。また、これによって、ユーザーのメッセージのコピーを保存しない企業に対する世界中の政府機関の反撃に、Googleが悩まされる可能性は低くなるだろう。

 「ユーザーには十分な透明性と、Google Alloにおける自身のデータを管理する権限が与えられている。基本的な考え方は、ユーザーが削除することを選ぶまで、チャット履歴は保存されるというシンプルなものだ。また、ユーザーはAlloのメッセージを個別に削除できるし、会話全体を削除することもできる」と、Googleの広報担当者は述べた。

 Alloは、エンドツーエンドの暗号化を提供するとうたう「Incognito Mode(匿名モード)」も提供している。

 Googleには、デフォルトでエンドツーエンドの暗号化を行うメッセージングサービスを提供しようというつもりなどなかった。Smart Replyがうまく機能するには、やり取りされるメッセージを読む必要があるからだ。もし、Googleがメッセージの保存をできるだけ短期間にとどめていたら、この新しい人工知能ベースのアプリがプライバシーに対して譲歩したことになってしまう。

 同社によれば、そうした妥協はSmart Replyの機能を著しく損なっていたはずだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月23日(金)13時7分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]