ここから本文です

日銀の利回り曲線操作、悩めるドラギ総裁に解決のヒント与えるか

Bloomberg 9月23日(金)1時25分配信

日本銀行が金融政策を限界まで押し進める様子を、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は固唾(かたず)を飲んで見ているに違いない。

日銀と同様、ECBの政策は銀行の収益を圧迫し、市場に流通する債券を枯渇させ、イールドカーブのフラットニングにつながり、目指す効果を低め、場合によっては逆効果にさえなっている。こうした問題に対して日銀が21日に出した答えは、資産購入の中心を短期債に事実上移すことであり、中銀目標の2%を超えるインフレ率を目指す方針だった。

BNPパリバ・インベストメント・パートナーズのエコノミスト、リチャード・バーウェル氏(ロンドン在勤)は「日銀はインフレ目標を事実上引き上げた。また購入する債券を必要に応じて選べるようにすることで、債券不足の問題をおおよそ解決した」と解説。黒田東彦総裁のアプローチは「勇敢であり、ECBにとってもこの先興味をそそられるだろうが、現行体制でドラギ総裁が同じことをできると言えるかは疑問だ」と語った。

ECBは中銀預金金利であるマイナス0.4%を購入する債券の利回り下限としているため、現状では短期債の購入は難しいが、こうした規則を検証しているところだ。それよりも大きな問題は、日銀が日本国債だけをコントロールの対象とするのと異なり、ECBは19カ国の国債を相手にしていることだ。

ウニクレディトのエコノミスト、マルコ・バリ氏は、ユーロ圏が19の国で構成されているという事実が、「ECBが日銀の後を追うのを困難にする。法的に可能であっても政治的に難しい」と述べた。

原題:Draghi Watches as BOJ Yield Curbs May Give ECB Food for Thought(抜粋)

Alessandro Speciale

最終更新:9月23日(金)1時25分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]