ここから本文です

ヘッジファンド手数料はもっと下がる必要-投資家調査

Bloomberg 9月23日(金)16時4分配信

ヘッジファンドの手数料はもっと下がる必要がある。23日公表されたプレキンの投資家調査が示した。預かり資産の2%の管理料と利益の20%の運用報酬は、リターン低迷の中で正当化が難しくなっている。

調査に答えた機関投資家の73%が、管理料が今後1年の間に下がる必要があると回答。運用報酬については54%が引き下げの必要性を指摘した。

資産運用業界で最も高い手数料をとるヘッジファンドの8月末までの成績はプラス2.8%、昨年は同1.6%と4年で最低だった。ユーリカヘッジのデータが示した。

プレキンのリポートによると、ヘッジファンドの料金体系は2%・20%のモデルから幾分値下がりし平均で管理料が1.57%、運用報酬が19.3%だった。

原題:Hedge Fund Fees Need to Fall Further, Investor Survey Finds(抜粋)

Klaus Wille

最終更新:9月23日(金)16時4分

Bloomberg