ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも反落(23日午前)

時事通信 9月24日(土)0時0分配信

 【ニューヨーク時事】週末23日午前のニューヨーク株式相場は、原油相場の弱含みを嫌気して反落している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時10分現在前日終値比50.76ドル安の1万8341.70ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同21.78ポイント安の5317.74。
 アジアや欧州の大半の株価が下落する中、原油相場の弱含みが重しとなって米株市場も売りが先行している。また、3日続伸の後を受けて利益確定の売りも出やすくなっているもようだ。21、22両日の米株相場は、連邦公開市場委員会(FOMC)での金融政策決定を受けて米国の利上げペースが従来予想よりも緩やかになるとの見方が広がったことから値を上げていた。
 この日は主要な米経済指標の発表もなく、新規の手掛かり材料に乏しい。ただ午後には、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁、アトランタ連銀のロックハート総裁、クリーブランド連銀のメスター総裁の3人がパネルディスカッションに参加する予定であるほか、ダラス連銀のカプラン総裁による講演も予定されており、市場関係者はFOMC終了後の連銀幹部らの発言に注目している。
 個別銘柄では、サイバー攻撃を受けて少なくとも5億人分のユーザーの個人情報が流出したと発表したヤフーが1.7%安。動画広告の平均視聴時間を過大に算出していたフェイスブックも下落している。一方、ウォルマートやJPモルガン・チェースなどは小高い。

最終更新:9月24日(土)2時26分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]