ここから本文です

TOKIO松岡、女装で連ドラ「鏡を見たら、おふくろがいた」

デイリースポーツ 9/24(土) 5:00配信

 TOKIOの松岡昌宏(39)がオトコ家政婦を演じるテレビ朝日系連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(10月21日スタート。金曜、後11・15)で女装することが23日、分かった。

 派遣先の家庭を壊して再生させるダークヒーロー・三田園薫役の松岡。バラエティー番組などでの女装経験はあるが、ドラマでの本格女装は初挑戦。黒スカート、白エプロン、黒髪カツラに本格メークをほどこし、劇中で表現される「思わず凝視してしまうほど大きな女」を体現した。

 「メークを終えて鏡を見たら、おふくろがいた」と笑う松岡は、「ビューラーが難しい。乳バンド(ブラジャー)を付けていると肩が凝る。しゃべり口調も店2軒ほど潰したオカマのママみたいに。すべてが初体験だけど、いい経験」と女装の苦労を実感していた。

 清水富美加(21)が家政婦仲間、余貴美子(60)が三田園たちが所属する家政婦紹介所の所長を演じる。

最終更新:9/24(土) 6:24

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]