ここから本文です

〔ロンドン株式〕小反落(23日)

時事通信 9月24日(土)2時0分配信

 【ロンドン時事】週末23日のロンドン株式市場の株価は、4日続伸後に利益確定売りが出て、小反落した。FT100種平均株価指数は前日比1.97ポイント(0.03%)安の6909.43で終了。金融株などが安く、指数採用銘柄の約6割が値下がりした。
 この日は安寄り後に下げ幅を削る展開となった。チャールズ・スタンレーのアナリスト、ガリー・ホワイト氏は「FT指数は現在、年初来で約10%高の水準だ。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ見送りが予想通りとはいえ大きな支援材料となっている」と指摘。今後も一段高が予想され、7000の大台を試す展開も視野に入ってくるとの見方を示した。
 個別銘柄では、産金・産銀会社ポリメタル・インターナショナルが7.37%の大幅安。民放大手ITVは3.86%安、英航空・防衛大手BAEシステムズは2.42%安、英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドは2.09%安、英教育・メディア大手ピアソンは2.07%安と振るわなかった。
 このほか、英金融大手ロイズ・バンキング・グループは2.05%安、決済サービス会社ワールドペイ・グループは1.94%安、英銀大手スタンダード・チャータードは1.93%安、衣類小売ネクストは1.81%安。
 一方、鉱業大手アングロ・アメリカンが3.31%高。建機レンタルのアシュテッド・グループは2.67%高、住宅建設大手パーシモンは2.82%高、住宅大手バラット・デベロップメンツは2.09%高、病院経営メディクリニック・インターナショナルは1.99%高と好調だった。

最終更新:9月24日(土)2時26分

時事通信