ここから本文です

世界遺産の石橋から生身のまま超絶ダイブ。レッドブル・クリフダイビング、ボスニア・ヘルツェゴビナで開幕

リアルライブ 9/24(土) 16:26配信

 最高28メートルの高さから水面に飛び込むクリフダイビングの国際大会「レッドブル・クリフダイビング・ワールドシリーズ」第7戦が23日、東欧ボスニア・ヘルツェゴビナの観光地モスタルで開幕した。大会初日は男子第1ラウンド、女子第1・2ラウンドが行われ、男子は過去5回の年間王者に輝く”王者”ギャリー・ハント(英国)が絶好調を維持し、ミハル・ナヴラティル(チェコ)と同率首位、女子はヤナ・ネスチャラバ(ベラルーシ)がトップを走っている。

 レッドブル・クリフダイビングは、断崖絶壁から身一つで水面に飛び込む、エクストリームスポーツ。オリンピック競技の10メートル高飛び込みを優に超える最高28メートルの高さから崖下の海や湖に飛び込む。踏み切り、空中での姿勢、着水の3項目で採点され、その合計に技の難易度を掛けたスコアを競い合う。男子は4ラウンド(ダイブ4回)、女子は3ラウンド(同3回)を行い、総合得点の最も高いダイバーがその大会の優勝者となる。1997年の初開催以降、年を追うごとに規模が拡大し、世界各地でファンが広がっている、近年人気急上昇中のエクストリームスポーツだ。

 第7戦はボスニア・ヘルツェゴビナの最も有名な観光名所である石橋「スタリ・モスト」を舞台に開催された。エメラルド色に輝くネレトヴァ川に架かるスタリ・モストは16世紀の橋で、川に隔てられた旧市街を結ぶ。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1993年に破壊されるも、川底から拾い上げた石材を使って再建。2005年に世界遺産に登録された。

 世界遺産から飛び込みをしてよいのかと心配になるところだが、その歴史は古く、地元土産店の店主は「年に一度の祭りのときは、街の勇気ある若者たちがこの橋から飛び込むんだ。450年続く伝統行事なんだよ」とほほ笑む。しかし、実際に川辺に降りてみるとネレトヴァ川の流れはとても早く、9月だというのに川の水はキンキンに冷え切っていた。

 そんな過酷な状況下の中で、大会では女子は橋の頂上24メートルから、男子はさらにその上に設置された飛び込み台からダイブを試みる。特別に記者も男子の飛び込み台にあがらせてもらったが、その高さは異次元。さえぎるものなく広がる美しい絶景と眼下のギャラリーからの視線に恍惚を感じる一方で、止まらぬ足の震えは地面に降りてからも小一時間続いた。

 大会初日は、選び抜かれた世界屈指のクリフダイバー男女22名がアーチ橋から次々と果敢に飛び込み、華麗な技を披露。「バンッ」という音を響かせながら着水を決めるたび、詰めかけた数百人のギャラリーが沸き上がった。大会は24日もあり、男女の決勝が行われる。なお、次回の第8戦は10月15日、16日の両日、和歌山県白浜町の三段壁で日本初開催されることになっている。

最終更新:9/24(土) 16:26

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]