ここから本文です

ノンママたちがそれぞれの人生を決断する…「ノンママ白書」最終話

cinemacafe.net 9/24(土) 16:00配信

連続ドラマ18年ぶりとなる鈴木保奈美を主演に迎え、フジテレビ「オトナの土ドラ」枠で8月から放送がはじまった「ノンママ白書」。その最終話となる第7話が9月24日(土)放送される。

【写真】「ノンママ白書」7話よりカット

NHKの情報番組「あさイチ」の“子どもがいない生き方”特集や、酒井順子著「子の無い人生」、山口智子の雑誌「FRaU」(講談社)での告白などで社会現象になっている“ノンママ”(=子どもを産まないという選択をした女性)というテーマをドラマ化、ノンママたちの等身大でセキララな葛藤を描いてきた本作。

本作で鈴木さんが演じるのは東京で中堅広告代理店に勤務する土井玲子。土井はクリエイティブ畑で活躍している49歳のバツイチ子無し。男女雇用機会均等法が施行されたばかりの1989年に入社した“コキン法第一世代”だ。

男社会の中で仕事か出産かの二者択一だった時代を駆け抜けた結果、子どもは産んでいない。しかし時代は移り変わり少子化ストップの波が押し寄せ、ワーママ(ワーキングマザー)推進の強風が吹いてきたため、いまではノンママは非常に肩身の狭い想いをしながら生きること。上からは抑えられ、下からは突き上げられ、男性からは煙たがられ、女性からは敵視される会社内で土井は、働き、苦悩し、孤独と闘い、そして恋もする――という物語だ。

鈴木さんの同僚の独身ノンママ・大野愛美を菊池桃子、既婚者ノンママの葉山佳代子を渡辺真起子、土井の部下のワーママ・野村佳奈を内山理名、土井や大野の同期でバツイチの本城司を高橋克典が演じるほか、南沢奈央、濱田崇裕 (ジャニーズWEST)、三浦祐太朗、坂本充広、増田修一朗、近藤芳正、佐戸井けん太、柳葉敏郎らが出演している。

今夜の最終回は、大野がいつものバーに土井と葉山を呼び出し、そこに大野がシニア婚活で知り合った佐藤(近藤さん)もやってきて、大野は不倫をしていたことと関係を清算したことを佐藤に明かしたうえで「佐藤さんと付き合っていきたい」と告白。そんな大野に佐藤は、心の底に横たわるある想いを語り始める。葉山も離婚を決断し、それぞれが抱えていた問題に決着をつけた大野と葉山に「本城のこと決断しないと」と促され土井も決意を固める。

そんな矢先、ワーママ野村の時短勤務のしわ寄せから、過労でルナ(堀田茜)が倒れる。不満がピークとなり、直接野村を非難し始める部員たち。だが野村は「時短は正当な権利。マタハラですか?!」と反論。部員たちは「子どもが出来たら家にいろ!」と暴言を吐き始める。数日後、土井は野村を呼び出し本城から一緒に独立しようと誘われていることを打ち明け、いままで本音で語り合うことがなかった野村に、土井は誰にも言えなかった辛い過去について話し始める。ワーママ野村に伝えたかったノンママ・土井の真意と人生を決断した土井が出した答えとは…というストーリー。

女性の社会進出が進むなかで、その要として活躍してきた“アラフィフ”のノンママたち。今夜彼女たちが下す人生の新たな決断やいかに!?

「ノンママ白書」最終話は9月24日(土)今夜23時40分~フジテレビ系で放送。

最終更新:9/24(土) 16:00

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革