ここから本文です

松本薫の情報流出か=WADAハッキング

時事通信 9月24日(土)1時56分配信

 【ロンドン時事】世界反ドーピング機関(WADA)への不正アクセスで得た情報をロシア系のハッカー集団が流出させている問題で23日、新たに13カ国、41選手分の個人情報がウェブサイトで公開された。この中に、リオデジャネイロ五輪柔道女子57キロ級で銅メダルを獲得した松本薫(ベネシード)のものとみられる文書があった。

 公開された情報は医療目的で許可を得て禁止薬物使用が認められた選手に関する公式文書で、松本は2007年10月からの約1カ月間、禁止薬物デキサメタゾンの使用が認められている。デキサメタゾンは抗炎症作用のあるステロイドの一種。 

最終更新:9月24日(土)7時21分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。