ここから本文です

女優・木嶋のりこ大胆! 屋外でのオールヌード

東スポWeb 9/24(土) 13:17配信

 2012年ミス東スポグランプリで女優の木嶋のりこ(28)が24日、ヘアヌード写真集「N all」(講談社、発売中)の出版記念サイン本お渡し会を都内で行った。

 撮影は今年6月に千葉県と茨城県で行った。木嶋は写真集のために半年かけて髪を伸ばしたといい、肩までだった髪は胸に届くまでになった。おかげで「以前は年齢より下に見られたけど、上にも見られるようになり、映画でも上の役が来た」と仕事の幅が広がったという。しかし「個人的には短い髪が好きなので、短い役が来るのを待ってます」と、仕事次第でいつでも髪を切るとか。

 写真集ではT158・B83・W55・H84のボディーを惜しむことなく見せている。屋外でのオールヌード写真もあり、木嶋は「外でこんなにさらけ出したことなかった。砂漠のようなところを裸で歩いたり。草むらに裸で寝たり、何も着けずに全身で大地、地球を感じました」と笑顔で語った。

 撮影時には「遠くに人が見えたこともありました。あの肌色の物体は何かと思われたかも(笑い)。スタッフさんはその都度隠してくれたけど、私は見られてもいいぐらいの気持ちでやってました」という。

 お気に入りは写真集の終盤に収められた波打ち際で撮影されたもの。「本当に最後に撮影した写真。撮られていることを意識していない目で、その瞬間をおさえていただいた。本当に素です」。一方、恥ずかしい写真はこれも終盤にある赤いシーツで覆った胸などのアップのショット。「カメラが近くて…」と照れながら明かした。

最終更新:9/24(土) 13:17

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]