ここから本文です

アサド政権軍、アレッポ空爆 70人以上死亡か

朝日新聞デジタル 9月24日(土)1時56分配信

 シリアのアサド政権軍は22日、北部アレッポの反体制派支配地域に対して軍事作戦の開始を宣言し、同日夜からアレッポ東部で空爆を始めた。ロイター通信は現地からの情報として23日午後までに70人以上が死亡したと伝えた。米ロなど関係国が停戦の継続を模索しているが、実際には完全に停戦は崩壊している。

 非武装中立のボランティア組織「シリア民間防衛隊」(通称・ホワイトヘルメッツ)はロイター通信に70人以上が死亡し、少なくとも40のビルが破壊されたと語った。アレッポ東部は政権軍に包囲されて約30万人が孤立し、食料、医薬品の不足などが問題となっている。

 政権軍は攻撃開始にあたり対象地域の住民らに「テロ集団から離れるように」と警告。軍の検問所にたどり着いても逮捕や尋問はないとしていた。だが現地の情報では空爆は住宅地にも及び、道路はがれきで埋まって移動も難しいという。(カイロ=翁長忠雄)

朝日新聞社

最終更新:9月24日(土)12時3分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。