ここから本文です

【パリモーターショー16】セアト初のSUV、アテカ にオフロード仕様

レスポンス 9/24(土) 13:30配信

フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトは9月22日、フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16において、『アテカ』の「X-Perience」を初公開すると発表した。

画像:セアト アテカ X-Perience

セアトは2016年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16において、新型車のアテカを初公開。アテカは、セアト初の市販SUV。世界的に需要が増している小型SUV市場に、セアトも参入した。

アテカの開発は、セアトのスペイン・マートレルのテクニカルセンターが担当。セアトの最新デザイン言語を反映させた。全長は4360mm。室内空間の広さは、クラス最高を標榜する。トランク容量は、4WD車が485リットル、FF車が510リットルを確保した。

パリモーターショー16で初公開されるアテカのX-Perienceは、アテカをベースに、オフロードテイストを強調したコンセプトカー。ブラックのホイールアーチや18インチの大径タイヤ&ホイールが、足元のたくましさを強調する。

パワートレインは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」で、最大出力は190ps。駆動方式は4WD。「4Drive」と呼ばれるトラクションコントロールシステムを採用している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/24(土) 13:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。