ここから本文です

【RIZIN】バルトが藤田に「ぶつかってこいやっ!」

イーファイト 9/24(土) 7:10配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催の『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』に出場する選手たちの個別インタビューが、23日(金)千葉県内にて行われた。

【フォト】デビュー戦ではピーター・アーツを破ったバルト

 無差別級トーナメントの1回戦で、藤田和之(フリー)とバルト(エストニア)が12月29日(木)に行われるセカンドラウンド(トーナメント準々決勝)の日本代表枠を懸けて激突。バルトは大みそかのMMA(総合格闘技)デビュー戦でピーター・アーツに勝利、藤田は今年4月の『RIZIN.1』に参戦するも、イリー・プロハースカに1R失神KO負け。今回が再起戦となる。

●バルト

ーー今回のコンディションは?

「昨年より400倍くらい良いですよ」

ーーどんなトレーニングをしてきましたか?

「シーザー会長の元でシュートボクシングの打撃をやってきました。8月からは富山で柔術の合宿もしてきました」

ーーグランプリへの意気込みは?

「意気込み…あるかな? 頑張りますかな(笑)。やってきたことをしっかり出すだけですね。まだまだ経験が足りないし、2回目だから固さは出てくるかもしれない」

ーー相撲とMMAではやはり違いますか?

「相撲の頃はスタミナ強化はそこまでやっていなかったから、それが一つ、大きなことですね。だから今はスタミナ系に力を入れています。ふたつめはMMAと相撲では使っている筋肉が違っていたり、とにかく細かい違いがいっぱいあるから、1年で慣れるものではないよ。それでも自分の中で良くなっているとは思いますね」

ーー藤田選手の試合映像は見ましたか?

「見てますよ。経験はもちろん(自分よりも)長いですし、あと相手のペースになったら、そのままのペースでいってしまうから、それはさせたくない」

ーー藤田選手は「とにかく正面からぶつかる」と言っていましたが?

「じゃあ、ぶつかってこいやっ!」

ーーあと、キャリア20年で出し尽くしていて引き出しがないとも言っていました。

「私もないかも(笑)」

ーー何だか、とてもリラックスしていますよね?

「ダメですか? 向こうはプロで、私はアマチュアですから(笑)」

ーーフィニッシュのイメージは?

「いろいろな練習をしてきたから、これですっていうのはなくて。試合をやっている中でこれかなってピンとくるかもしれない」 

ーー砂浜ダッシュなどのきつい練習もしてきたそうですね?

「やってましたよ。ひょっとしたら相撲の時よりきつい練習をしていたかも」

ーー厳しい練習を耐えるモチベーションは?

「練習は自分ためにやっていますから。人のためにやっているわけではないです。リングの中に入るのは私一人だからね。それと、きついことをやるのは嫌いじゃない。耐えたら、良いことがありますから」

最終更新:9/24(土) 7:10

イーファイト