ここから本文です

【全日本模型ホビーショー16】アオシマ新作10品…デコトラ、グループAマシン、スーパーシルエットマシン

レスポンス 9/24(土) 14:15配信

青島文化教材社(アオシマ)は、1/32バリューデコトラシリーズの最新作「ミカン密五郎(大型ウイング)」や、1/24「マツダ SA22C RX-7 デイトナ ’79」、1/24「ホットカンパニー TRH200V ハイエース ’12 (トヨタ)」などの新作を先行展示した(写真16枚)。

[関連写真]

デコトラシリーズ新作「ミカン密五郎(大型ウイング)」は、10月発売。オレンジとグリーンのツートンカラーで、みかんをイメージ。また、11月に発売される「エクストラ 椎名急送 福助」は、「佐原にある椎名急送で、1980年代に活躍した名車。新金型でフロントバンパー、ルーフデッキ、グリルアンドン、キャブハシゴなどを設定。映画終了後、逆風の時代から’80年代の第二次デコトラブーム黄金期に走った実車をプラモデル化した」という。

1/24スケールの「EF3シビック Gr.A ’88 MOTUL」は、あの“グランドシビック”をベースにグループAで活躍したマシンをプラモデル化。10月発売予定。同じくこのグループAに参戦した「トヨタ カローラレビン AE92 Gr.A ’88 ミノルタ」は、派手なデカールが貼られる前の、プレーンな白地の状態で展示。こちらは、発売日未定・価格未定と表記されていた。

サーキットを駆け抜けたモデルはほかにも。1/24スケール「ニッサン KY910 ブルーバードスーパーシルエット ’83」は、1980年代に熱戦を繰り広げた「スーパーシルエットレース」の日産マシン。当時のオートバックスデザインが新鮮に映るモデル。1/24「マツダ SA22C RX-7 デイトナ ’79」などとともに11月に発売される。

同じく11月発売予定の1/24スケール「 ホットカンパニー TRH200V ハイエース ’12 (トヨタ)」は、チューンドカーシリーズの11作目でハイエースをベースにしたモデル。このほか、1/24「トヨタ GRS210/AWS210 クラウン ロイヤルサルーン ’15」や1/24「トヨタ ZN6 TOYOTA86 ’16 カスタムホイール」も注目が集まっていた。

また、「価格未定・発売日未定」の未塗装モデル、1/20「ブラバムBT52」には、問屋関係者やメディア関係者の多くがカメラを向けていた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9/24(土) 14:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]