ここから本文です

新井敏弘選手、グローバルラリークロス最終戦にスバル WRX STI で参戦

レスポンス 9/24(土) 15:00配信

スバルラリーチームUSAは、10月8~9日に米国ロサンゼルスで開催される2016年レッドブル・グローバルラリークロス(GRC)選手権最終戦に新井敏弘選手がスバル「WRX STIラリークロスカー」で参戦することを発表した。

新井選手は1990年のデビュー以来、2005年、2007年のプロダクションカー世界ラリー選手権や2015年の全日本ラリー選手権での総合優勝をはじめ、国内外のラリー選手権で数々の実績を残してきた日本ラリー界の第一人者。スバルラリーチームUSAは、新井選手に加え、デビッド・ヒギンズ選手(英)、クリス・アトキンソン選手(豪)の3名体制で最終戦に臨む。

新井選手は、「今回、スバルラリーチームUSAのドライバーとして、600馬力のエンジンを搭載するWRX STIラリークロスカーで参戦できることを嬉しく思っている。GRCは以前から注目していたレースで、とても楽しみにしている」とコメントした。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/24(土) 15:00

レスポンス