ここから本文です

クミコのコンサートに松本隆&秦基博がゲスト出演「(秦は)キューピーさんみたいでかわいい」

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/24(土) 20:49配信

クミコが、9月24日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて『クミコスペシャルコンサート2016』を開催。クミコ with 風街レビュー名義で9月7日にリリースした両A面シングル「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」の作詞を手がけた松本 隆と、「さみしいときは恋歌を歌って」の作曲を担当した秦 基博が駆けつけた。

【詳細】他の写真はこちら

クミコ with 風街レビューは、16年ぶりに松本 隆とクミコがタッグを組み、新進気鋭のシンガーソングライターが楽曲を提供するプロジェクト。その第1弾となる「さみしいときは恋歌を歌って」では作曲とコーラスを秦 基博が、「恋に落ちる」の作曲とコーラスを永積 崇が担当し、世代を越えたコラボレーションが話題となっている。

この日のコンサートは、松本 隆による作詞楽曲をテーマとした第1部と、クミコ楽曲を中心とした第2部の2部制にて行われ、1,000名の観客を楽しませた。

拍手に包まれ白い衣装で登場したクミコのステージは、1996年に発表したアルバム『世紀末の円舞曲』より、松本との出会いの曲となった「最后のダンス・ステップ」で幕を開ける。

クミコは「ようこそ皆様、雨の中お越しくださいまして、本当にありがとうございます」と感謝の言葉を添えて、「今日は1部に松本 隆さんの作品を集めました。松本 隆さんといえば皆さんの中では何を思われますでしょうか?」と問いかけると、「私も16年前に『AURA』というアルバムを作りまして、(松本とのタッグは)それ以来でございます。今年あらたな曲を2曲書いていただきましたが、それを記念する意味でも1部は松本さんの作品を集めました」と説明。そして、松本作詞による“愛人”の歌として「接吻」「心の指紋」を2曲歌い上げると、明かりのついた家をイメージさせる「お帰りなさい」、ふたりの別れを描いた「チューリップ」を切なく届け、大きな拍手を浴びた。

そして、「歌っていうのは人の涙とか、躊躇しているものをこじ開けて、すっきりと流してくれる役割もあるのでしょう。もちろん元気にしてくれる歌もありますけれど、弱っている心に手を差し伸べてくれる、また明日も頑張ろうってそんなふうにさせてくれる役割も、きっとあるのだろうと思いますね」としみじみ語ると、松本に初めて生歌を聴いてもらった曲として「情熱」を披露した。

ここでクミコに呼び込まれステージに上がった松本は、16年ぶりのタッグで挑んだ恋歌について「いつも(クミコが)生きるとか死ぬとか、切羽つまった歌ばかりこんなに続けなくていいんじゃないかなと。一度ニュートラルに戻しました」と明かす。そして「やっぱり歌っていうのはみんなに夢を与えたり、恋する喜びとか悲しみを与えたりしてあげないと。いくら自分が遠ざかっても(笑)」と笑ってみせ、クミコも「やはり希望というのは恋ですかね。それが成就するとかはさておいても、何か気持ちを思い立たせる火種にはなると思います」と返した。また、来年には『AURA』以来となる16年ぶりのアルバムを制作する計画があることを明かし、集まったファンの期待を膨らませると、永積 崇の作曲による「恋に落ちる」を歌唱した。

続いてステージには秦 基博が招かれる。クミコが「秦さんのコンサートは、若い女の子が99パーセント!今日は見回してどうですか?」と問いかけると、秦は「今日も“女の子”が99パーセントじゃないですか?」と返し、会場を笑いと拍手で包み込んだ。

また、クミコは「レコーディングのときにお会いしたら、秦さんをかわいいと思って、本当にかわいくてね。キューピーさんみたいにかわいい」と絶賛。そして「松本さんの歌詞でクミコが歌う曲を書くことになって、どう思いました?」と投げかけると、秦は「お会いする前から緊張してました。でもいい曲を書きたいなと思いました」と当時の心境を語った。ステージではその後、「さみしいときは恋歌を歌って」を秦の生コーラスとともに披露。クミコは時に秦と向き合って微笑みかけ、温かなライブで観客を魅了した。

松本と秦を見送ると、第1部は「鳥の歌」で終幕。クミコは2部、アンコールと合わせて全20曲を熱唱し、鳴り止まない拍手の中コンサートは幕を下ろした。

■クミコスペシャルコンサート2016
2016年09月24日(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI

<セットリスト>
【第1部】
M1. 最后のダンス・ステップ
M2. 接吻
M3. 心の指紋
M4. お帰りなさい
M5. チューリップ
M6. 情熱
M7. 恋に落ちる
M8. さみしいときは恋歌を歌って
M9. 鳥の歌

【第2部】
M10. 広い河の岸辺
M11. わが麗しき恋物語
M12. コメディアン
M13. 愛の讃歌
M14. 地下鉄の切符切り
M15. 世情
M16. うまれてきてくれて ありがとう
M17. 幽霊
-ENCORE-
M18. ともだち
M19. 一日がもっと長ければ
M20. さみしいときは恋歌を歌って

ピアノ:大貫祐一郎/ベース:大坪寛彦/ヴァイオリン&二胡:土屋玲子/ドラム:足立浩/ギター:塚田剛/シンセサイザー:今野勝晴

リリース情報
2016.09.07 ON SALE
クミコwith風街レビュー
SINGLE「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」

イベント情報
クミコ&松本 隆(クミコwith風街レビュー)×TSUTAYAスペシャルイベント トーク&ミニライヴ
11/12(土) 東京都内某所(渋谷区内)
出演:クミコ&松本隆

クミコ OFFICIAL WEBSITE
http://www.puerta-ds.com/kumiko/

最終更新:9/24(土) 20:49

M-ON!Press(エムオンプレス)