ここから本文です

【全日本模型ホビーショー16】タミヤ、実車NSXと新作コラボ押し…F-14Aトムキャットのイラン空軍版も

レスポンス 9/24(土) 16:15配信

タミヤは、ホンダ『NSX』の実車を展示し、新作1/24スケール「NSX」や1/10スケールRCカー「NSX(TT-02シャーシ)」への導線をつくった。さらに、F-14Aトムキャットや、楽しい工作シリーズ新作「シャフトドライブユニット」なども展示した。

[関連写真]

新型NSXの実車を間近に見るだけでも時間が過ぎるのを忘れてしまうほどだが、これをいち早くモデル化したタミヤは、「ぜひ実車とプラモデル、ラジコンカーを見比べてみて」とアピールする。

1/24スケールのプラモデル版は、「右ハンドルと左ハンドルのどちらかを選べる。ドアミラー面やエンジンカバー上部のロゴなどは、質感のある金属製インレットマークを採用した」という。1/10スケール電動RCカーシリーズ新作「NSX(TT-02シャーシ)」は、シャフトドライブ4WDを採用したツーリングカー用シャーシ。これに前後密閉式ギヤケース、4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、10種類のギヤ比が選択できるモーターマウントなどが組まれる。

NSXのプラモ版、RCカー版は10月発売。これに対し、前輪駆動のM-05が採用された「マツダ デミオ(M-05シャーシ)」は、今冬発売予定。

11月に発売される1/48傑作機シリーズ新作「グラマンF-14Aトムキャット」は、「米海軍ハイビジ塗装時代2種と、イラン空軍仕様1種の合計3種類のデカール・カラーから選べる」という。このF-14Aトムキャットは、アメリカ海軍で1976~2006年の間、“世界最強の防空艦上戦闘機”として活躍し、途中でイランへ唯一輸出された機体。イランではいまも現役配備されている。今回の先行展示では、このイラン空軍使用の完成モデルも並べられていた。

また、タミヤならではの「楽しい工作シリーズ」にも新作が。10月に発売される「シャフトドライブユニット」は、離れたポイントに動力を伝えられるシャフトドライブ駆動ユニットを学べるキット。チェーンやプーリーに比べ、より省スペースで回転を遠くに伝えられる特徴を、組み立てながら実感できるという。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9/24(土) 16:15

レスポンス