ここから本文です

「デジモン tri.」第4章上映決定、田村睦心が「こんなの見たことない!」

映画ナタリー 9/24(土) 12:42配信

本日9月24日、「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」の初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9にて行われ、泉光子郎役の田村睦心、高石タケル役の榎木淳弥、テントモン役の櫻井孝宏、パタモン役の松本美和、監督の元永慶太郎が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、お台場を舞台に“選ばれし子供たち”の活躍を描いたアニメ「デジモンアドベンチャー」シリーズの続編。印象的なシーンを尋ねられると、田村は「パソコンの前で苦しんでいた光子郎に、テントモンが発破をかけてくれるシーン。光子郎とテントモンの絆を感じました」としみじみ。櫻井は「光子郎が6個くらいのモニターを駆使している場面は、デイトレーダーみたいだなあと思いました。それは冗談で、デジモンたちの壮絶なバトルは印象的です。進化した状態でしゃべることって、これまではあまりなかったんです。テントモンはこのキャラだから関西なまりがチャーミングだと思っていたので、進化してからの野太い声は……(笑)。ドキドキしながら収録しましたね」と振り返って笑いを誘った。榎木は「パタモンがタケルに『僕は感染しているんでしょ?』と聞く場面ですね。収録中に横を見たら、松本さんが号泣していて。すごいな!と思いました」と述べ、松本は「家で洗濯物を干しているときでも思い出して泣いちゃって。ご近所中で噂になるくらい泣いてました」とはにかんだ。

中盤には、本章のタイトル「告白」にかけて、MCから「パートナーに告白したいことは?」という質問が。田村が「第1章のときは櫻井さんにどう話かけていいかわからず、すごく緊張した思い出がありますね」とつぶやくと、櫻井は「何か問題があれば言ってください! 改善しますから!」と冗談交じりに返す。そんな櫻井は「田村さんと現場で一緒になると、必ず何かほんわかした面白い出来事が起きるんですよ。僕はそれをじっとりと観察してラジオでネタにしています」とコメント。それを聞いた田村は「本当ですか! ありがとうございます!」と笑顔を見せ、櫻井に向かって深く頭を下げた。

本イベントでは次回作「デジモンアドベンチャー tri. 第4章『喪失』」が2017年2月25日より上映されることが明らかに。田村は第4章について「意外な人が意外な態度を取っていますね。その態度が『こんなの見たことない!』という新しいものだったので、台本を読んでびっくりしました」とネタバレに気遣いながら話した。

「デジモンアドベンチャー tri. 第3章『告白』」は全国11館で上映中。



(c)本郷あきよし・東映アニメーション

最終更新:9/24(土) 12:42

映画ナタリー