ここから本文です

中日・吉見が7敗目 引退登板・岩田に「勝ちパターンでつなげたかった」

東スポWeb 9/24(土) 18:37配信

 中日・吉見一起投手(32)が24日、今季最終登板となる阪神戦(ナゴヤドーム)に先発。6回2/3、113球を投げ、6安打2失点の力投を見せたが、味方打線の援護がなく7敗目(6勝)を喫した。

 2回に原口に先制の11号ソロ、3回は北條に5号ソロを浴びて「勝負の世界ですから、勝ち負けにこだわらなければいけないのですが、不本意なボールだったと思います」と肩を落とした。

 7回二死一塁の場面で、引退登板となった岩田慎司(29)にバトンを渡したが「勝ちのパターンで慎司につなげたかったです」と寂しそうに話した。

最終更新:9/24(土) 18:37

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています