ここから本文です

Google、10月4日のイベントで「Home」と「Google Wifi」も発表か

ITmedia ニュース 9/24(土) 15:54配信

 米Googleが10月4日に開催する発表イベントでは、次期オリジナルAndroid端末だけでなく、「Google Home」、オリジナルWi-Fiルータ「Google Wifi」、Chromecastの新モデル「Chromecast Ultra」も発表されると、米Android Policeが9月23日(現地時間)、信頼できる筋の情報として報じた。

昨年発売のWi-Fiルータ「OnHub」

 イベントのテーマは「Made by Google」となっており、上記の製品はすべてGoogleのオリジナルだ。

 Google Homeは、米Amazon.comが2014年に米国で発売した音声アシスタント機能付きスピーカー「Amazon Echo」と競合する、家庭用音声アシスタント端末。今年のGoogle I/Oで発表した。人工知能bot「Googleアシスタント」を搭載し、音声での質問に音声で答える。また、Chromecastの機能もあり、BluetoothおよびWi-Fiで端末と接続し、スピーカーとして使うことも可能だ。

 Google Wifiは、同社が2015年に米国で発売したオリジナルWi-Fiルータ「OnHub」の後継モデルとみられる。Android Policeの情報筋によると、同ルータでは複数のアクセスポイントをリンクさせ、1つの無線ネットワークとしてメッシュのように使えるという。技術的なことはまだ不明だが、もしそうした機能があるならば、家のどこにいてもGoogle Homeと端末を接続しておけそうだ。

 Android Policeによると、Google Homeの価格は129ドル、Google Wifiも129ドル、Chromecast Ultraは69ドルになるという。

 10月4日のイベントでは、Daydream端末、7インチのAndroidタブレットも発表されるとうわさされている。

 イベントは専用サイトでライブストリーミングされる予定。日本時間の10月5日午前2時スタートだ。

最終更新:9/24(土) 15:54

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]