ここから本文です

巨大壁画におっきな笑顔 福島

福島民報 9/24(土) 12:59配信

 フランスの芸術家兄弟「バーディ・キッズ」が福島市児童公園隣の旧児童文化センターに描いた巨大壁画が23日、完成した。同日、現地でセレモニーが行われた。 
 バーディ・キッズはギヨーム・マティユーさん、ゴーティエ・マティユーさん兄弟の2人組。約1カ月かけて縦19メートル、横17メートルの壁面に色鮮やかな自然や動物の絵を描き上げた。 
 セレモニーではギヨームさんが「毎日のように差し入れをもらうなど、市民の皆さんにお世話になった」と述べ、ゴーティエさんが「ストリートアートに対する市民の理解に感謝する」とあいさつした。小林香市長や企画に携わった業務用酒類卸の追分(本社・福島市)の追分拓哉社長らが加わりテープカットした。 
 市内の東浜保育所の園児も参加し、完成したかわいらしい壁画に歓声を上げていた。 
 事業はフランスのワイン生産会社ラブレロワ社のティボー・ギャラン副社長が「福島の子どもたちを笑顔にしたい」と企画し、追分社長が市と調整して実現した。 

福島民報社

最終更新:9/24(土) 13:17

福島民報

なぜ今? 首相主導の働き方改革