ここから本文です

【WOMAN BOOTCAMP】マギーはスピード狂?「シートに座ったときのこの体勢、すごく好き」

レスポンス 9/24(土) 23:08配信

レーシングドライバーのトレーニングを女性向けにアレンジしたプログラム「TOYOTA GAZOO Racing WOMAN BOOTCAMP@MEGA WEB」(9月24日)では、GAZOOドライバーの大嶋和也選手、松井孝允選手、「クルマ大好き」なマギーが、カートとエクササイズについて語りあった。

[関連写真]

この「TOYOTA GAZOO Racing WOMAN BOOTCAMP@MEGA WEB」は、レーシングドライバーのトレーニング方法をベースに考案されたオリジナルプログラム「レーサーフィット」の体験や、モータースポーツの世界を体感できるプログラムなどが組み合わさったイベント。GAZOO Racingドライバーらによるトークをはじめ、B級ライセンス講習、カートによるフルブレーキングやドライビングレクチャー、レーサーフィットを考案したトレーナーのもと「ウォーミングアップ」「ストレッチポール」「バランスボール」などのエクササイズなどがセット。

大嶋選手、松井選手、マギーは、参加者たちを前に、カート体験とこの「レーサーフィット」の活かしかたについて語った。

大嶋選手 「TOYOTA GAZOO Racingでクルマの楽しさを伝えてきたが、今回は女性向け。こうしたトレーニングに興味を持つ人がこんなにいると思っていなかった。けっこうハードなプログラムもあるけど、プロのトレーナーといっしょに楽しめて、普段の生活にも活かせるものばかり」

松井選手 「いま、参加者たちはモータースポーツの入口に立っている。B級ライセンスは、普段の安全運転のためにも大事なライセンス。美しい身体をつくることも学べるし、安全運転も意識するようになる」

マギー 「このあとわたしもフルブレーキを体験してみる。以前、何年か前の仕事で、サーキットを走ったけど、急ブレーキの体験はしなかったような気がする。だから楽しみ」

松井選手 「ブートキャンプで体幹を鍛えて、普段の運転に役立ててほしい。身体の軸が弱いと、視野も狭まる。安全運転のためにもブートキャンプに挑んでもらいたい」

大嶋選手 「今回、参加者たちが乗るカートは、スピードは出ないけど、頭の位置がすごく低いので体感するスピードは実際の速度以上。Gも感じられる。カートを運転するさいも、身体の軸がしっかりしていないと、ハンドルやアクセルの操作もぶれてしまう。今回、カートに乗ってみて、体幹が大事だということがわかるはず」

マギー 「わたしはサーキットでカートに乗ったことがある。スピードがすごい大好きなので、自分の身体で直にカーブのGも感じられる。やっぱり、シートに座ったときのこの体制、すごく好き」

大嶋選手 「背中を腰にしっかりつけると、ハンドルを握る両腕の力が入りやすい。ちょっとハンドルを押す感じでハンドルを切るイメージ」

松井選手 「そしてクルマの基本性能である『走る曲がる止まる』を体験して、普段乗っているクルマがどう動くかを深く体感できるはず。クルマの挙動を知り、普段の運転に活かしてほしい。たとえば、フルブレーキってなかなか経験できない。やってみると、『クルマってこんなにしっかり止まるんだ』と思うはず」

このトークのあと、女性参加者たちは、レースフィットを実践。ウォーミングアップ、ストレッチポール、バランスボールなどのプログラムを体験した。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9/24(土) 23:18

レスポンス