ここから本文です

湯町深の新連載がCheese!で始動、間違いから始まる“エロきゅん”ラブコメ

コミックナタリー 9/24(土) 17:11配信

湯町深による新連載「なめて、かじって、ときどき愛でて」が、本日9月24日発売のCheese!11月号(小学館)にて開幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「なめて、かじって、ときどき愛でて」は主人公の小松晴が、ずっと好きだった人に渡すために書いたラブレターを、間違えていじめっ子の恩田清士郎の机に入れてしまったことから始まる物語。手紙を返してほしいと訴える晴だが、清士郎は「付き合うと決めた」と言って聞かず……。湯町が描く“エロきゅん”ラブコメに注目しておこう。

最終更新:9/24(土) 17:11

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]