ここから本文です

志田未来、イケメン竜星涼のおんぶシーンに胸キュン「お父さんみたい」

Movie Walker 9/24(土) 12:35配信

第4回日本感動大賞を受賞した望月美由紀の同名小説を映画化した『泣き虫ピエロの結婚式』の初日舞台挨拶が、9月 24日にシネマート新宿で開催。志田未来、竜星涼、新木優子、御法川修監督が舞台挨拶を登壇した。志田は好きなシーンについて「いちばんキュンとしたのはおんぶのシーンです」と答えた。

【写真を見る】志田未来、健康的な生足を見せた全身ショット

同シーンは、石田が竜星におんぶされたシーンのことで「竜星くん、肩が広いのでお父さんにおんぶしてもらっているような安定感と安心感がありました」とうれしそうにコメント。

竜星は「それ、喜んでいいの?」と驚き、会場に「キュンとしました?」と尋ねると拍手が上がる。竜星は「ありがとうございました!参考になりました」と笑顔を見せた。竜星はお気に入りのシーンに、演じた陽介役が佳奈美(志田未来)に初めて気持ちをぶつけるシーンを、新木は2人が結婚式を挙げるシーンを挙げた。

その後、主題歌「咲かないで」を歌うWHITE JAMが登壇し、同曲を生歌で披露した。志田は歌を聴いた感想について「自分が舞台挨拶に来たことを忘れちゃうくらい聴き入ってしまいました」と感激しきりだった。

『泣き虫ピエロの結婚式』は見習いピエロのヒロインと余命わずかな青年との恋を描く、実話がベースの切ないラブストーリー。志田未来が、病気の恋人を励まし続ける、明るいヒロインを好演した。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:9/24(土) 12:35

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]