ここから本文です

【RISE】”狂犬”森本が”猫派”の小山に噛み付く「俺、猫アレルギーだから」

イーファイト 9/24(土) 20:38配信

 9月25日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 113』で、RISEフェザー級王者・花田元誓への挑戦権を懸けて激突するRISEフェザー級4位・小山泰明(建武館)と同級3位・森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西)のコメントが、主催者を通じて届いた。

【フォト】前日計量で睨み合う小山と森本

 当初、5月の『RISE 111』で一刀(日進会館)と小山泰明(建武館)が挑戦者決定戦を争い、一刀が勝利していた。しかし、以前から痛めていた拳の怪我が悪化して年内のタイトル挑戦が困難となったため、再度挑戦者決定戦が行われることになった。

 思わぬかたちで再びチャンスが巡ってきた小山は「自分が出ていいのか少し迷いはありましたが、プラスに捉えることにしました。チャンスは何度も無いと思います。自分自身も胸を張ってタイトルに挑戦できるようなインパクトある試合をします」と意気込む。

 今回対戦する森本は10勝のうち8勝がKOという攻撃力の高さの持ち主だが、小山は「勝負所で攻撃をまとめられるところが森本選手の強みだと思います。ただ、隙も多い選手なので、映像見てすぐに対策は何個か浮かびました」と攻略に向けて自信をのぞかせる。「何ラウンドになるかは分かりませんが、最終的には倒して圧倒的な差で勝ちたいですね」と勝利を予告した。

 一方、デビューから3年3カ月でタイトル挑戦に近づくチャンスを手にした森本。対戦相手の小山はBigbangスーパーフェザー級王座を保持するムエタイスタイルの技巧派ファイターだが、「小山はなんか地味だね!顔も戦い方も地味だから、あんな奴がチャンピオンになったらダメかな」と毒舌。「あいつのファイトスタイルはジャブとかローとか打ってる感じ? 地味!俺の嫌いなタイプ!」と止まらない。

 さらに「どうせ打ち合ってこないし、判定で勝ちに来るんじゃない? 追いかけんのダリいなって(笑)」と続け、「プレッシャーかけて前に出てって、隙を見て1発ぶち込んでやろうと思ってる。倒れるんじゃないっすかね。細いし(笑)」と吠えた。

 そんな強気な森本だが、実は自宅で飼っている犬はトイプードルという”狂犬”らしからぬ意外な事実が明らかに。「めちゃくちゃ可愛いっすよ。ちっちゃい系好きなんで」と嬉しそうな様子。しかし、小山が猫派と聞くと、「あいつ猫派かあ。俺、猫アレルギーだからね。もう完全に合わないね。試合は噛み合うと良いけれど、バチバチに来てほしいね」と再び噛みついた。

 猫派の小山と犬派の森本。果たして挑戦権を手にするのはどちらか。

最終更新:9/24(土) 20:38

イーファイト