ここから本文です

山下敦弘の「オーバー・フェンス」に松江哲明が感銘「日本映画へのお返し」

映画ナタリー 9/24(土) 18:04配信

オダギリジョー主演作「オーバー・フェンス」の監督・山下敦弘とドキュメンタリー監督・松江哲明のトークイベントが、本日9月24日に東京・テアトル新宿で行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

現在公開中の「オーバー・フェンス」は、オダギリジョー演じる主人公・白岩義男と蒼井優扮するホステス・田村聡が惹かれ合うさまを描いたラブストーリー。熊切和嘉監督作「海炭市叙景」、呉美保監督作「そこのみにて光輝く」に続き、佐藤泰志の小説を映画化する“函館3部作”の最終章という位置付けで制作された。

監督デビューが同時期であり、近年ではドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」で共同監督を務めるなど、山下とは何かと接点の多い松江。本作の鑑賞後には「すごくよかった!と興奮して感想を伝えました」と話し、自身の作品でも組んだことがある編集担当の今井大介や、カメラマンの近藤龍人の仕事ぶりについても絶賛の言葉を並べた。

また松江は、「山下くんが今までやってないことに挑戦しているとも思った」と続ける。「(山下作品では)同じ空間にいる人たちが視線を合わせないんだけど、その場で生まれる空気感がとても面白い。ワンショットの中で人間関係を描き出すという部分で山下くん以上にうまい人はいない」と述べたうえで、「(『オーバー・フェンス』では)ちゃんと目を合わせていた。そのためにはカットバックしたり、カメラの位置を変えたりしなきゃならないから、これまでと違うことをしていると感じた」と指摘。

それに対し、山下は「例えば職業訓練校の人たちがタバコ吸いながらだらだらしゃべってるところは向き合っていない。でも白岩と聡の関係性はどう考えても2人が向き合わなきゃマズい。だから必然的にこうなった。自分なりのやり方も残しつつ、視線を交わすシーンも入れていきました」と解説する。また大阪芸術大学の先輩である熊切や同期の呉から“函館3部作”のバトンを受け取り、「プレッシャーもあったし、うれしさ、使命感などいろいろな思いがあった」と話す山下。「でも断る理由がなかった。俺がやらなきゃって」と打ち明け、「いつもは『このキャストと組んでみたいからやってみよう 』とか、何か1つモチベーションを見つけようとするんだけど、今回は原作や脚本が中心にあったので、自分のアイデアや思いを入れるというより、シンプルに目標に向かう気持ちで作りました。不思議な感覚でしたね」と振り返った。

松江も「自分の好きな世界を形にしようというより、キャストや脚本に素直に惚れ込んでいる監督としての山下くんを感じられた」と同調。そして「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」にも触れながら、「こういう映画を丁寧に作らないと、映画ってダメだろうと。自分たちが影響を受けてきた日本映画にお返ししている、そんな作り手たちが生み出した“3部作”だと思う」と総括した。

「オーバー・フェンス」は全国の劇場で公開中。



(c)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

最終更新:9/24(土) 18:04

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]