ここから本文です

号外on BLUEに雲田はるこの青春ヤンキーBL読切、たなと幻の同人作2本も

コミックナタリー 9/24(土) 21:45配信

号外on BLUE 2nd SEASON vol.1(祥伝社)が、本日9月24日に発売された。雲田はるこの新作読み切り「ヨシキとタクミ」が表紙と巻頭を飾っている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ヨシキとタクミ」は“湘南の火の玉暴威”こと茅ヶ崎ヨシキと、“カミソリ・プリンス”こと鵠沼タクミというヤンキー同士を描く青春BL。対立する組織でそれぞれ“最凶”と噂され、犬猿の仲の2人だったが、彼らには1日の終わりに銭湯に通うという共通の習慣があった。銭湯ではケンカも一時休戦で、ライバルという立場を超えて語り合うヨシキとタクミ。そんな関係を重ねるうちに、ヨシキはタクミに対しある感情が芽生え始め……。

また今号には「幻の同人誌、特別掲載」と題し、たなとの「murderous youth」「HEART of HEARTS」を2本立てで収録。新井煮干し子の新連載「GATAPISHI」も始動しているほか、鳥野しのと高野ひと深が読み切りで初登場した。

なお10月2日まで東京・吉祥寺パルコでは、「PARCO×on BLUE原画展」を開催中。期間中の10月1日には、ヤマシタトモコと秀良子が登壇する"お茶会"イベントが館内のkawara CAFE & KITCHEN 吉祥寺PARCO店にて行われる。公式サイトでは参加申し込みを明日9月25日15時まで受け付けているので、希望者はお早めに。

最終更新:9/24(土) 21:45

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]